肌荒れ

肌荒れ

肌荒れの悩みについて。お顔や肌質ごとの化粧品や治す薬など。

化粧品 肌荒れ

肌荒れの原因で多いのは、
化粧品による物です。

自分の肌質に合う化粧品でも、
長時間つけたままだと、
肌の代謝を阻害します。

外出から帰宅したら
すぐに化粧を落として洗顔。

肌ケアを習慣づけるのが大事ですよね。


肌荒れ 薬

疲れやストレスなどが原因で、
体調を崩し、分かりやすい症状として
肌が荒れるというのもよくあります。

食事や睡眠などの生活習慣の改善で
改善することは基本です。

しかし、意外な原因で肌荒れが慢性化している例もあるようです。

最近、テレビで知ったのですが、

胃がんの原因であるピロリ菌が胃の中にいる人は、
慢性的に胃が荒れている状態なので、
体調を崩しやすく、肌荒れやシワが増えやすくなったりと、
胃炎や胃がん以外にも、様々な影響があるそうです。

ピロリ菌は、病院での検査と薬を飲む事で除菌ができます。
保険も適用されるので1万円もかかりません。

将来の癌リスクの為にも今すぐ、ピロリ菌の検査をしても
いいかもしれません。

肌荒れ 治す

肌荒れを治す事は、難しい事のように思われがちですが、
皮膚のメカニズムを理解すれば、単純化することは可能です。

実は、荒れた肌に薬を擦り込む事は、
根本的な解決とは言えません。

バランスの取れた食事と、十分な睡眠により、
体の内部から調子を整える事の方が
根本的な解決への近道です。

なぜなら、
皮膚は、常に内側から作られ、
古くなった皮膚は剥がれていく仕組みだからです。

皮膚は、健康な細胞からは健康な皮膚が作られるのです。

薬やクリームは、使った時点での効果がありますが、
定期的に使い続けないと、
時間とともに効果が消えていく事がほとんどです。

顔 肌荒れ

顔の肌荒れの解消については、
普段から露出している部分という事もあり、
様々な対処法があります。

化粧水などを使った保湿などのケアが代表的です。

保湿にこだわるあまり、皮脂を飛ばしてしまって
肌の防御機能を殺してしまい、乾燥肌が慢性化する人もいます。

もっと、自分の体内からの健康改善に重点をおくようにしたほうが
肌の状態に神経質にならずにストレスも無くなるので
オススメです。


肌荒れ 病院

肌荒れの原因は、数えきれない程です。

ただの肌荒れが、実はもっと重大な病気の前兆だった・・・
なんて事も可能性としてアリなので、
皮膚科や内科など、病院で相談するのは
有意義です。

肌荒れ トップへ戻る