糖尿病

糖尿病

糖尿病について。症状や合併症、予防の食事まで

糖尿病 食事

糖尿病の改善方法として
大事なのは、日常の食事です。

最近まで摂取カロリーの数値が
特に重視されてきましたが、

最近では、カロリーよりも、
糖質とデンプンの量が注目されるようになってきました。

もちあろん、
糖尿病のタイプや重さによって違いますが、

肉や魚、葉物野菜については、
しっかり食べられる事が知られるようになってきました。


糖尿病食

糖尿病食の多くは、糖質やデンプンを
できるだけ少なくなるようになっています。

当然、肉や野菜にも少ないながら
糖分やでんぷんを含むので、
摂り過ぎはダメです。

カロリー計算で、数値を高くする原因である、
脂質については、糖分を摂る場合ほどに
気を付けなくても良くなったので

低カロリーの食事をひたすら守るという一昔前の常識より、
ムリ無く食事が楽しめるようになりました。


糖尿病 症状

糖尿病の症状の重さによっては、
インスリンの注射などを伴う治療が
必要な場合もありますが、

多くの場合、食事などの生活習慣を改善する事で
糖尿病になる前の状態に改善する事も
十分に見込めます。

肥満を解消するだけで、
糖尿病の状態を気にしないで生活できるようになる人もいます。

自分の血糖値など、糖尿病に向き合う為に
しっかり把握する必要がありますので
必ず専門医の診断を受ける事が近道です。

糖尿病 予防

糖尿病の症状の重さによっては、
インスリンの注射などを伴う治療が
必要な場合もありますが、

多くの場合、食事などの生活習慣を改善する事で
糖尿病の予防についても、
食事のとり方、適度な運動、睡眠を十分にとる
といった、生活習慣の改善が基本です。

中でも、比較的取り組みやすいのが、
「食べる順番」でしょう。

生野菜→汁物→主菜→ご飯
の順番に食事をすることで

血糖値を急激に上下させないようにして、
すい臓に負担を掛けないようにします。

糖尿病 合併症

糖尿病を長く放置していると、
様々な合併症を引き起こし、
結局は命を縮めてしまう事になります。

四肢末端の壊死や、失明などで
十分な社会生活が送れないという困難もあります。

健康診断や人間ドックは定期的に受け、
生活習慣も気を付けるようにしたいものです。

糖尿病 トップへ戻る